Friendsで学ぼう【Season1,episode3解説】②

Friendsで学ぶ
スポンサーリンク
Friendsで学ぼう【Season1,episode3解説】①の続きになります。内容がわからない人は戻って確認してください。

どうもNaoです。

 

前回ではチャンドラーがタバコを吸ってしまい、めちゃくちゃ感激していましたね!久々のタバコで体に染みるーというった感じでしょうか!さっ、チャンドラーはそんな中ハマらずにいられるのでしょうか、そしてまたどんなハプニングが起こるのでしょうか、早速続きを見ていきましょう。

 

モニカの彼はみんなのもの? The one with the Thumb 解説③

Monica: No, no, no. They say it’s the same as the distance from the ①tip of a guy’s ②thumb to the tip of his ③index finger. (違う違う違う。彼らは(一般の人)男性の親指の先から人差し指の先までの長さと一緒なんだって。)

Joey: That’s ridiculous. (そんなバカな。)

Ross: Can I use either thumb? (どっちの親指を使ってもいい?)

Rachel:All right. Don’t tell me, don’t tell me. Decaf cappuccino for Joey. Coffee, black. Latte. And an iced tea. ④I’m getting pretty good at this! (よしいいわ。言わないで、言わないでね。カフェイン抜きカプチーノはジョーイに。コーヒーのブラック。ラテ。それからアイスティー。私、これがかなり得意になってきてるわ!)

All : Yeah. Yeah, excellent! (そうだね。そうね。素晴らしい!)

Rachel: Good for me! (よくやったわ、私!)

Joey: You okay, Phoebe? (大丈夫、フィービー?)

Phoebe: Yeah, no, I’m… just… It’s not even ⑤worth it– It’s my bank. (えぇ、いいえ、私はただ… 話すほどでもない… 銀行のことなのよ。)

Monica: What did they do to you? (銀行があなたに何をしたの?)

Phoebe: It’s not, it’s just- Okay. I’m ⑥going through my mail, and I ⑦open up their monthly, you know, “⑧statement.” (違うの、ただ… いいわ。私は手紙をチェックしてる。そして、封を開けるの、その銀行の、毎月の、ほら、”明細書”をね!)

Ross: Easy! (落ち着いて!)

Phoebe: And there’s five hundred extra dollars in my account. (そして、私の口座に余分に 500ドルがあったのよ。)

Chandler: Oh, ⑨Satan’s minions at work again! (おぉ、サタンのミニオンズが、また仕事をしてるんだ!)

Phoebe: Yes, ‘cause now I have to go down there and ⑩deal with them–(えぇ、今は、銀行に行って、そのお金を処理しないといけないから…)

Joey: What are you talking about? Keep it! (何言ってんだよ? その金は、とっとけよ!)

Phoebe: It’s not mine. I didn’t earn it. If I kept it, it would be like stealing. (私のものじゃないもの。私はそのお金を稼いでないわ。もし私がそのお金を(自分のものとして)とっとくとしたら、それは盗みになるわ。)

Rachel: Yeah, but if you spent it, it would be like shopping. (えぇ、でももしあなたがそのお金を使ったら、それは買い物みたいになるわよ。)

Phoebe: Okay. Okay. ⑪Let’s say I bought a really great pair of shoes. Do you know what I’d hear with every step I took? “Not mine. Not mine. Not mine.” And even if I was happy, okay, and, and skipping, I’d hear, “Not-not mine. Not-not mine. Not-not mine. Not-not mine.” (いいわ、いいわ。じゃあ私が本当に素敵な靴を買ったとしましょう。私がステップを踏むたびに何て聞こえるだろうか知ってる? ”ノット・マイン(私のじゃない)、ノット・マイン(私のじゃない)、ノット・マイン(私のじゃない)” そしてもし私が幸せだったとしても、ほら、そしてスキップしてたとしても、私にはこんな風に聞こえるだろうね、”ノ・ノット・マイン、ノ・ノット・マイン、ノ・ノット・マイン、ノ・ノット・マイン”)

Monica: We’re with you. We got it. (同感よ。わかったわ。)

Phoebe: Okay. I’d- just- I’d never be able to enjoy it. It would be like this giant ⑫karmic debt. (いいわ、私はただ、それを楽しむことができないでしょうね。巨大なカルマの借金みたいになっちゃうわ。)

Monica: Chandler, what are you doing? Hey. What are you doing? (チャンドラー、何してるの?ちょっと、何してるのよ?)

All: Oh! Oh, God! (あぁ! もう!)

Monica: Oh, gross! (もう、いやだぁ~!)

Ross: What is this? (何だよこれは?)

Chandler: I’m smoking! I’m smoking! I’m smoking! (タバコを吸ってる! タバコを吸ってる! タバコを吸ってるんだ!)

Phoebe: Oh, I can’t believe you! You’ve been so good for three years!(まぁ、あなたって信じられないわ。3年間もよくやってたのに!)

Chandler: And this is my reward. (そして、これは俺のご褒美だよ。)

Ross: Hold on a second, all right? Just think about what you went through ⑬the last time you quit. (ちょっと待てよ、いいか? 最後に禁煙した時につらい経験したことについて考えてみろよ。)

Chandler: Okay, so this time I won’t quit. (わかった、だから今回は禁煙しないよ。)

All: Ohhh! Put it out! (もうー! タバコの火を消せよ!)

Chandler: All right! I’m putting it out, I’m putting it out! (わかったよ! 消すよ、火を消すよ! 

Phoebe: Oh, no! I- I can’t drink this now. (あぁ、もう! これ飲めないわ、今は。)

Monica: All right. I’m gonna go change. I’ve got a date. (よし。私は着替えに行くわね。デートがあるの。)

Rachel: Is this Alan again? How’s it going? (これってまたアランなの? どんな感じ?)

Monica: It’s going pretty good, y’know? It’s nice and we’re having fun. (かなりいい感じに進んでるわ。素敵で私たちは楽しんでるわよ。)

Joey: So when do we ⑭get to meet the guy? (それで、俺たちはいつ、その男に会えることになるんだ?)

Monica: Let’s see, today’s Monday…. Never! (そうねぇ、今日は月曜日だから…絶対に会えないわ!)

All: Oh, come on! Come on! (あぁ、いいだろ! いいじゃないか!)

Monica: No. Not after what happened with Steve. (だめよ。スティーブに起こった出来事の後では無理ね。)

Chandler: What are you talking about? We love Schteve. Schteve was schexy! Sorry. (何言ってるんだよ? 俺たちはシュティーブを愛してる! シュティーブはシェクシー! ごめん。)

Monica: Look, I don’t even know how I feel about him yet. Just give me a chance to ⑮figure that out. (ねぇ、私はまだ、彼について自分がどう感じているかさえわかってないのよ。ただそれをわかるための機会を私にちょうだい。)

Rachel: Well, then can we meet him? (それで、その後、私たちは彼に会える?)

Monica: Nope. Schorry. (いいえ。ごめんなしゃい。)


単語・フレーズ解説

tip 「先端、先」

thumb 「親指」

index finger 「人差し指」

I’m getting pretty good at this 「be good at〜 〜が上手い」「get good at〜 上手になっている(状態)」

worth 「価値がある」※ここでは「価値さえ無い=話すほどでもない」という意味

going through 「細かく調べる、(つらい、困難な)体験をする」

open up 「開ける」

statement 「取引明細書」

Satan’s minions at work again! 「minion 子分、手先」※「Satan’s minions (are) at work again!」「minions」と「at」の間にはbe動詞の「are」が省略されています。

deal with 「deal with (物、人) (物、人に)対処する」

Let’s say 「let’s say SV 仮に〜したとしても、例えば〜したとすれば」

karmic debt 「カルマの借金、業」※カルマとは「過去(世)での行為は、良い行為にせよ、悪い行為にせよ、いずれ必ず自分に返ってくる」 という因果応報の法則のこと。 発音 kɑ́rmik

the last time you quit 「the last time SV(Vは過去形) 〜した最後の時」※the first time「〜した最初の時」

get to meet 「(人に)会う(会う機会を得る)」

figure that out 「figure out わかる、把握する、理解する」

 

モニカの彼はみんなのもの? The one with the Thumb 解説④

Monica: Why ①should I let them meet him? I mean, I bring a guy home and within five minutes they’re ②all over him. They’re like… coyotes ③picking off the weak members of the ④herd. (どうして彼らに今、付き合っている彼を会わせなきゃいけないの? ほら、私が男性を家に連れてくると、5分以内にみんなは彼に殺到するのよ。彼らはまるで…群れの中の弱いメンバーを狙い撃ちするコヨーテみたいなの。)

Paula: Listen, as someone who’s seen more than ⑤her (fair) share of bad beef, I’ll tell you, that is not such a terrible thing. Come on. They’re your friends, they’re just ⑥looking out after you. (ねぇ聞いて、自分に与えられた取り分以上に、悪い牛肉を見てきた人として言うけど、それほどひどいことじゃないわ。ほら、彼らはあなたの友達なのよ。ただあなたを心配してるだけよ。)

Monica: I just wish that once, I’d bring a guy home that they actually liked.(私は1度だけ願うわ、彼らが本当に気に入る人を家に連れてきたい、って。)

Paula: Well, you do realize the ⑦odds of that happening are a little ⑧slimmer if they never get to meet the guy. (そうねぇ、あなたにはわかるでしょ、それが起こる確率はさらに低くなるって、もしあなたの友達がその男性に1度も会うことにならなければ。)


単語・フレーズ解説

should 「〜しなくてはならない」

all over 「〜の至る所に」

picking off 「pick off 狙い撃ちする」

herd 「群れ」

her share ネット上ではここの部分「fair share」と出ているのですが、「fair share 公正な取り分、正当な取り分」と訳すことができます。話の内容的にはこちらの方がしっくりくるかと思います。more than her (fair) share of bad beef  直訳「彼女が普通に生活していたら通常出会わないであろう悪い男どもに普通を超えるほどに出会ってしまった」→「考えられないほどの悪い男どもに出会ってきた」

looking out after 「look out 外を見る、気をつける」「look after 気を配る、世話をする」

odds 「(うまくいく)可能性、勝ち目

slimmer 「slim (可能性、確率などが)低い」「slimmer さらに低い」

 

モニカの彼はみんなのもの? The one with the Thumb 解説⑤

Joey: ①Let it go, Ross. (もう忘れろよ、ロス。)

Ross: Yeah, well, you didn’t know Chi-Chi. (ほら、君はチーチーを知らなかっただろ。)

Monica: Do you all promise? (みんな約束できる?)

All: Yeah, we promise. We’ll be good. (あぁ、俺たち約束するよ。俺たち、いい子にしてるよ。)

Monica: Chandler, do you promise to be good?( チャンドラー、いい子にしてるって約束する?)

Joey: You can come in, but your filter tip little buddy has to stay outside! (お前は入ってきてもいいよ、でもお前のフィルター付きのちっちゃなダチは外にいないといけないぞ!)

Ross: Hey, Pheebs. (やぁ、フィービー。)

Phoebe: “Dear Ms. Buffay: Thank you for calling attention to our error. We have ②credited your account five hundred dollars. We’re sorry for the ③inconvenience and hope you’ll accept this… football phone as our free gift.” Do you believe this? Now I have a thousand dollars and a football phone. (”親愛なるブッフェ様、私どもの間違いに注意を促していただきありがとうございます。あなたの口座に500ドルを入金しました。ご不便をおかけして申し訳ありません。お受け取りいただけると幸いです、この…フットボール・フォンを私どもからの贈呈品として”。こんなの信じられる? 今、私は、1,000ドルとフットボール・フォンを持ってるのよ。)

Rachel: What bank is this? (これってどこの銀行よ?)

Monica: Okay, it’s him. Who is it? (ほら、彼よ。どなたですか?)

Alan: Alan. (アランだ。)

Joey: Chandler! He’s here! (チャンドラー! 彼が来たぞ!)

Monica: Okay, please be good, please? Just remember how much you all like me. (じゃあ、お願いだからいい子にしててね、頼むわよ。あなたたちみんなが私のことをどれだけ好きかってことをただ思い出してね。)

Monica: Hi. Alan, this is everybody. Everybody, this is Alan. (はーい、アラン、こちらはみんなよ。みんな、こちらがアランよ。)

Alan: Hi. (はーい。)

All: Hi, Alan. (はーい、アラン。)

Alan: I’ve heard scho much about all you guys. (君たちみんなのことは、たくしゃん聞いてるよ。)


単語・フレーズ解説

Let it go 「固執するな、こだわるな」「直訳「それを行かせる」放っておいたら自分から離れて行ってしまうものを、追いかけたり押しとどめたりせず、そのまま出て行くに任せるという意味」

credited 「credit (金額を)銀行口座に入れる」

inconvenience 「不便、不都合、迷惑」

 

今日の記事ではここまでにしておきます。

 

500ドル間違って口座に入っていて、それを指摘したら500ドル振り込まれるなんて、自分の口座にもおきてほしいものです!(冗談です!)

 

みなさんは間違って振り込まれていたら、ちゃんと返金しましょうね!

 

では次の記事でお会いしましょう、Thank you for reading~

タイトルとURLをコピーしました