日本にいながら外国人の友達を作る方法【友達になれる率高め】

アプリ

どうもNaoです。

 

外国人の友達といると色々な発見があって楽しいです。
日本人の友達といるのとは、また別な感覚です。

 

さて、今回は外国人の友達を作りたい方向けの記事になります。もうすでに友達いる人には参考にならないと思います。

 

作り方として4点紹介しますのでどうぞ。

日本にいながら外国人の友達を作る方法

その4点というのがこちら。

その①:アプリ・SNSの使用
その②:ゲストハウスに泊まる・働く
その③:国際交流イベントに参加
その④:国内留学をする

ざっくりいうとこんな感じです、間違いなく出会うことはできます。中には日本語を学びたい人もいるので言語交換って形で友達になってもいいかもです。

 

注意事項として【これ重要】

英語勉強を目的として友達になるのはやめましょう。会話の流れでネタとして話すくらいなら良いですが、ガチでいくと嫌われます。相手の気持ちも考えて、give and takeの関係でいくのが最適です。

その①:アプリ・SNSの使用

アプリやSNSなど色々使いましたが、僕が1番使って友達を作れたのがこちら。

HelloTalkハロートーク- 英語韓国語、選べる学習言語

HelloTalkハロートーク- 英語韓国語、選べる学習言語

HELLOTALK FOREIGN LANGUAGE EXCHANGE LEARNING TALK CHAT APP無料posted withアプリーチ

言語交換を目的としたアプリです。友達作り、英語勉強どちらにも使える感じです。というのも、大体の人は英語を使ってきます、8割以上ですかね。日本語で話しかけてくるときは、最初の挨拶程度です。あとはこちらが日本語使わない限り英語です。

 

そんな人が結構多いです、なので、勉強目的であればHello Talkだけ使うのもありかもです。

その②:ゲストハウスに泊まる・働く

ゲストハウスの強みとして、多国籍な人と出会えることはもちろん、距離感も近く、イベントなどと違ってラフに接することができるということですね。

ゲストハウスってホテルなどと違って、なんか自由な感じなんですよね。行ったことある人はわかると思いますが、スタッフとゲストさんが普通に話して盛り上がってたり、 仕事終わってから飲みの約束とかもしたりしてます。

ゲストハウスで働く場合は、やることさえやっていればあとは自由って感じなのは、見てわかります。これでお金ももらえるなら、かなり好条件な仕事だと思いますね。

 

友達作りという目的に関わらず、行くだけでも正直楽しいですし、宿泊費も安いので、試しに行くのも全然ありです。

その③:国際交流イベントに参加

直接会う方法としては、1番最適で早い方法ですね。

 

日本人の人と仲良くなりたい人もいれば、イベントに興味あってくる人もいます。わりかし日本に住んでる人が参加するので、コミュニケーションも取りやすいです。

 

イベントを探す手段としては「Meetup」がオススメです。

アプリ「Meetup」の使い方

Meetup: ローカルグループ & イベント

Meetup: ローカルグループ & イベント

Meetup無料posted withアプリーチ

アカウント登録


「Meetup」を開き、「Sign up」のボタンをクリック。
FacebookやGoogleアカウントと連携すると、プロフィール写真が反映されるので、こっちの方が楽でオススメです。

 

好きなカテゴリーを選択


食べ物、学習、スポーツ、アウトドア、音楽など、自分の興味あるものにとりあえずチェックすれば大丈夫です。

 

グループに参加


グループに参加すると、参加している人、時間、場所、イベント内容が表示されます。いろんなグループがあるので気になったのに参加してみてください。

 

身近なイベントも検索可能


身近なイベントを探すこともできるので、急遽時間空いた時なんかも、すぐ調べて参加できます。

 

イベントに参加するときの注意

参加するときの注意として1つ。

「相手のことを考える」ってことですね。飲んでみんなで楽しもうって趣旨が多かったりするので、自分本意の行動はNG。空気壊して終わりです。
最初は人数多い英会話グループに参加するのが最適かもですね。その方が日本人の方も参加してたりするので、一緒にグループになって話せると思います。

その④:国内留学をする

留学に憧れある人はかなりいても、実際いけてる人って少ないはずです。その理由が、お金、仕事、年齢だったり色々あると思います。ですが、国内留学の場合、本来の留学生活に近い暮らしができることから最近人気になってきてます。

国内留学のメリット4つ

①:費用がかからない
②:準備が楽
③:英語漬けになる
④:気持ちが楽

それがこちらです。
まだ他にもあるのですが、1番はこの4点かなと思います。

 

①:費用がかからない

短期留学の場合、アメリカなどは約5、60万、安いアジア圏内でも20万くらいはかかります。その点国内留学となると、10万以内で済みます。
週末のみってプランもあるので、結構自由。日数次第ではもっと安く抑えれます、金銭面でいけない人には嬉しい内容です。

 

②:準備が楽

パスポート、航空券、学校の手続き、保険や携帯などの面倒なことをしなくて済むので、かなり楽です。重要な書類を無くす心配もないですし、国内なので帰れなくなる心配もないです。
旅行感覚で行けるってことが大きいですね。

 

③:英語漬けになる

海外留学だと、どうしても「観光したい」という欲が出てしまいます、実際僕の周りにそれで留学生活を無駄にした方がいます。ですが、国内にいると、いつでも行けるという感覚からそんな欲望は出ません。なので集中して英語に取り組むことができます。

 

✅④:気持ちが楽

結局いる場所は日本なので、気持ち的にもかなり違うと思います。なんかあった場合、日本語通じますし、自分でなんとでも対処はできます。
海外にいるのと気持ち的な部分での安心感は、全然違うと思います。

 

国内留学ができる場所3つ(東京・大阪・北海道)

イングリッシュブートキャンプ(東京)

2日間の短期集中方プログラム、「話す」ことに重点を置き、コミュニケーション力を上げる目的で授業が進められていきます。話すことに自信がない人にはオススメです。

 

ランケッジ・ヴィレッジ(大阪)

日本語禁止を徹底していて、外出も認められていません。食事の時も講師と一緒で英語オンリーです。最大7日間まで宿泊ができるので、短期の休みで行くことができますね。

 

ニセコ留学(北海道)

北海道のニセコ町はパウダースノーで有名な場所です、冬には多くの外国人観光客が訪れ、レストランやショップには外国人スタッフしかおらず、ここにいるだけで海外にいる感覚になります。ホテルやレストランでの仕事が主な感じなので、1番本来の留学に近い気がします。

まとめ

今回は日本にいながら外国人の友達を作る方法を紹介しました。身近なところから挑戦できるものもあるので、シャイにならずに行動することが大切です。

 

待ってるだけじゃ何も起きません。それに、外国人の方も友達作りたい方はたくさんいます。初対面でも全然受け入れてくれます、なので、自分から話題を振って話していけば、お互いに壁がなくなり、すぐに話やすい関係なれると思います。

 

盛り上がれば楽しくなりますし、また集まりたいと思えますからね。

 

「話題が全然作れない」という悩みがある方は、こちらの記事を参考にしてみてください。
参考>>【沈黙を避けたい方必須】苦手な話題作りを攻略できる3つのポイント

 

ということで、自分に合った方法を選んで、外国人の方との交流を深めていってみてください。

 

終わり。

アプリLIFE
スポンサーリンク
Nao with English
タイトルとURLをコピーしました