Friendsで学ぼう【シーズン1・エピソード6解説】①

シーズン1・エピソード6

新年明けましておめでとうございます!

 

どうもNaoです。

 

今年1年もまた頑張ってブログ更新、英語のスキル上げに励んでいきます!

 

さて皆さん、新年は良い時間を過ごすことが出来ましたか?僕は食べてばかりの新年になりました!お酒飲んで、お餅食べて、おせち料理食べてこの後の健康診断が心配です。。

 

海外でも新年の時に食べる料理があるみたいで、アメリカの方に聞いた時は主に豆料理と言っていました、できるものならどんなものか食べてみたいところです。
そうなるとアメリカだけでなく、他の国の新年料理も気になりますね!

 

コロナも緩和されつつあるので、今年の新年は海外で過ごして、行った先のお正月料理を食べてみたいです!それを今年の目標にしてみます!

 

では早速、Friends「シーズン1・エピソード6解説」の解説をスタートしていきます。

 

「Friends シーズン1・エピソード1」から始めたい方はこちらをどうぞ。
>>Friendsで学ぼう【シーズン1・エピソード1解説】①

 

【シーズン1・エピソード6解説】迷えるチャンドラーThe One with the Butt 解説①

Rachel: Ooh! Look, look! Look, there’s Joey’s picture! This is so exciting! (あぁ! 見て見て! ジョーイの写真があるわ! これってすっごくエキサイティングね!)

Chandler: You can always ①spot someone who’s never seen one of his plays before. Notice, no fear. ②No sense of impending doom. (ジョーイの芝居をこれまで一度も見たことないのが誰かは、いつも見分けることができるな 。わかるだろ、恐怖なし、差し迫った不運に気づかない。)

Phoebe: The ③exclamation point in the title scares me. Y’know, it’s not just Freud, it’s Freud! (タイトルの感嘆符が怖いわ。ほら、ただのフロイトじゃなくて、フロイト! なのよ。)

Ross: Oh, shhh, shh, shh. Magic is about to happen! (あぁ、シー、シー、シー。魔法が起ころうとしてるよ。)

Joey: Well, Eva… we’ve done some excellent work here. And I would have to say, your problem is quite clear. (あぁ、エヴァ… ここで我々は素晴らしい仕事をした。そして私はこう言わないといけないだろう、君の問題は全く明白であるとね。)

All you want is a dinkle (君が欲しいのは、おちんちんだけ)
What you envy’s a schwang (君がうらやましいのは、おちんちん)
A thing through which you can tinkle (それを通じておしっこできるもの)
To play with or simply let hang (もて遊んだり、ただぶら下げておいたり)

Rachel: God. I feel ⑧violated. (あぁ、犯された気分だわ。)

Monica: Did anybody else feel like they just wanted to peel the skin off their body to have something else to do? (他に何かするために、ただ自分の体から皮膚を剥がしたいって気持ちになった人は他に誰かいる?)

Chandler:  Ross, 10:00. (ロス、10時だ。)

Ross: Is it? Feels like 2. (そうかい? 2時くらいって感じだけど。)

Chandler: No, 10:00! (違うよ、10時の方向!)

Ross: What? (何?)

Chandler: There’s a beautiful woman at 8, 9, 10:00! (美女がいるんだよ、8時、9時、10時の方向に!)

Ross: Hello! (おやおや!)

Chandler: She’s amazing! She makes the women I ⑨dream about look like short, fat, bald men. (彼女は素晴らしいよ! 彼女は俺が夢見る女性たちを、まるでチビデブハゲの男どもに見えさせるよ。

Monica: Go over to her. She’s not with anyone. (あの人のところに行きなさいよ。彼女は誰とも一緒にいないわ。)

Chandler: Oh yeah, and what would my ⑩opening line be? Excuse me… Blarrglarrghh.(あぁ、そうだね、で、俺の第一声は何になるんだろうね? すみません、ンガンガ…)

Rachel: Oh, come on. She’s a person. You can do it. (あぁ、もう! 彼女だって人間よ。あなたにもできるわよ。)

Chandler: Oh please, could she be more ⑪out of my league? Ross, ⑫back me up here. (あぁ、やめてくれよ。彼女は、俺にとってこれ以上ない高嶺の花だよ。ロス、何とか言ってくれよ。)

Ross: He could never get a woman like that in a million years. (チャンドラーには、あんな女性は100万年経ってもゲットできないね。)

Chandler: Thank you, buddy. (ありがとう、友よ。)

Phoebe: Oh, oh, but y’know, you always see these really beautiful women with these really “nothing” guys. You could be one of those guys.(あぁ、あぁ、でもほら、本当に美しい女性が、本当に「大したことない」男性と一緒にいるのをよく見るでしょ。チャンドラーもそういう男性の一人になれるわよ。)

Monica: You could do that. (あなたならそうなれるわ。)

Chandler: You think? (そう思う?)

Rachel: Absolutely! (もちろん!)

All: Yeah! (そうよ!)

Chandler: Oh God, I can’t believe I’m even ⑬considering this. ⑭I’m very very aware of my tongue. (なんてこった、今、このことを考えてるってことさえ、信じられない。今、俺、自分の舌をめちゃめちゃ意識してる。)

Ross: Come on, come on. (行け、行け。)

Chandler: Here goes.(よし行くぞ。)

Lady: …Yes? (はい?)

Chandler: Hi…. um…. Okay, next word… would be… uh, Chandler. Chandler is my name and, uh…. Hi! (はーい… あの… よし、次の言葉は…チャンドラーだ。チャンドラーは俺の名前で…その…はーい!)

Lady: Yes, you said that. (えぇ、あなたはそう言ったわ。)

Chandler: Yes! Yes, I did. But what I didn’t say was… what I was about to say, what I wanted to say was, uh… would you like to go out with me sometime? Thank you. Good night. (そう! そうなんだ、俺はそう言った。でも俺が言ってなかったのは…俺が言おうとしたのは、俺が言いたかったのは… あー、いつか俺とデートしてくれますか? ありがとう。おやすみ。)

Lady: Chandler? (チャンドラー?)

Phoebe: Hey! There he is! (まぁ! ジョーイよ!)

Ross: I didn’t know you could dance! (ダンスできるなんて知らなかったよ!)

Rachel: You were in a play! (お芝居に出てたわね!)

Monica: You had a beard! (ヒゲ付けてたわね!)

Joey: What’d you think?(どう思った?)

Ross: I didn’t know you could dance! (ダンスできるなんて知らなかったよ!)

Rachel: You were in a play! (お芝居に出てたわね!)

Monica: You had a beard! (ヒゲ付けてたわね!)

Joey: Come on, you guys, it wasn’t that bad. I was the ⑮lead. It was better than that thing I did with the trolls. At least you got to see my head. (ちょっと、みんな。そんなに悪くなかったろ。俺は主役だった。トロールをやったあのやつより良かっただろ。少なくとも俺の頭は見えたんだから。)

Phoebe: You’re right. (あなたの言う通りね。)

Ross: We saw your head. (君の頭は見えた。)

Chandler: She said yes! She said yes! Awful play, man! Whoah. Her name’s Aurora. And she’s Italian and she pronounces my name “Chand-lrr.” “Chand-lrr.” I think I like it better that way. Oh, listen, the ⑯usher gave me this to give to you. (彼女がイエスって言った! 彼女がイエスって言った! ひどい芝居だったな、お前。もう! 彼女の名前はオローラ。それで彼女はイタリア人で、俺の名前を「チャンドラ~」「チャンドラ~」って発音するんだ。そんな風に発音される方がいいなって思うよ。あぁ、なぁ、お前に渡してくれって、案内係が俺にこれをくれたんだ。)

Rachel: What is it? (それ何?)

Joey: The Estelle Leonard Talent Agency. Wow, an agency left me its card. Maybe they wanna sign me! (エステル・レナード・タレント・エージェンシー。わぉ、エージェンシーが俺にカードを置いてった。多分、俺と契約したいんだな!)

Phoebe: ⑰Based on this play? …Based on this play! (この芝居で判断したの? …この芝居で判断したのよね!)


単語・フレーズ解説

spot 「(見てすぐに~に)気付く、(見てすぐに~を)見分ける」

No sense of impending doom 「sense (感覚器官で~)感知する、気付く、気配を感じる、理解する、分かる」「impending room 差し迫った破滅(悲運)」

exclamation point 「感嘆符」

dinkle 「男性器」

schwang 「男性器」

tinkle 「おしっこする」

simply let hang 「simply 簡単に」「hang 吊るす」

violated 「violate (女性を)犯す、性的に暴行する」

dream about 「dream about 〜を夢に見る」

opening line 「出だし文句」

out of my league 「高嶺の花」

back me up 「back up バックアップする」

considering 「consider よく考える、考慮する」

I’m very very aware of 「be aware of ~に気付いている、認識している、意識している」

lead (映画・演劇などの)主役、主演俳優、花形

usher 「案内係」

Based on 「〜に基づいて」※Based on this play? この演技を見た結果に基づいて決めたの?

 

今回はここまでにしておきます。

 

今日のポイントはこちら。

She makes the women I dream about look like short, fat, bald men.
彼女は俺が夢見る女性たちを、まるでチビデブハゲの男どもに見えさせるよ。

「make 名詞 動詞 人に〜させる」「dream about 〜を夢に見る」「I dream about が the women を修飾している」

 

「the women I dream about look like」で「dream」の後ろに何で「about」がくるの?その後に何で「look like」が?と思う人もいますが、「dream about」で1つのフレーズになっています。
ここが混乱するポイントになっていると思います、ですが、1つ1つ分けるとこんな感じで納得いくと思います。

 

わからない時はこんな風に区切って考えてみてください、きっと納得いく理解ができると思います!

 

「Friends シーズン1・エピソード1」から始めたい方はこちらをどうぞ。
>>Friendsで学ぼう【シーズン1・エピソード1解説】①

 

Thank you for reading.
See you next time~

タイトルとURLをコピーしました