Friendsで学ぼう【シーズン1・エピソード5解説】③

シーズン1・エピソード5
Friendsで学ぼう【シーズン1・エピソード5解説】②の続きになります。内容がわからない人は戻って確認してください。

どうもNaoです。

 

前回最後はフィービーとチャンドラーが、今のお互いのパートナーに別れを告げようと決めましたね、そして簡単に別れてしまったフィービーと中々話を切り出せなく苦戦を強いられてるチャンドラー、なぜフィービーがあんなに簡単に別れられたのか不思議でなりません、フィービーには何か特別なものがあるのでしょうか?

 

そんな簡単に別れてしまったフィービーに対して皮肉っぽく接してしまうチャンドラー、この後はどうなっていくのか早速見ていきましょう!

 

【シーズン1・エピソード5解説】土曜の夜を一緒に The one with the east German laundry Detergent 解説⑥

Lady: Coming through! Move! Move! (通るよ! どいて! どいて!)

Rachel: Oh, excuse me! I was kinda using that machine. (あぁ、すみません! 私その洗濯機を使ってたって感じなんですけど。)

Lady: Yeah, well, now you’re kinda not. (あぁ、そう、今は使ってないみたいだね。)

Rachel: But I saved it. I put my basket on top. (でも私はセーブしてたわ。上にカゴを置いたんです。)

Lady: Oh, I’m sorry. Is that your basket? (あぁ、ごめんね。それ、あんたのカゴ?)

Rachel: Yes. (はい。)

Lady: It’s really pretty. Unfortunately, I don’t see ①suds! (実に可愛いね。残念なことに、泡が見えないよ!)

Rachel: What? (何?)

Lady: No suds, no save, okay? (泡なし、セーブなしだ、いいかい?)

Ross: What’s going on? (何が起こってるの?)

Rachel: Hi, uh, nothing. That horrible woman just took my machine.(はーい、あの、何でもないの。あのひどいおばさんが私の洗濯機を取ったのよ。)

Ross: Was your basket on top? (君のカゴは上にあった?)

Rachel: Yeah, but there were no suds. (えぇ、でも泡がなかったから。)

Ross: So? (それで?)

Rachel: Well, you know, no suds, no save. (えーっと、ほら、泡なし、セーブなし、よ。)

Ross: No suds, no, Excuse me. Hold on a second! This is my friend’s machine. (泡なし、~なし…って。失礼。ちょっと待て! これは僕の友人の洗濯機だ。)

Lady: Hey, hey, hey! Her stuff wasn’t in it! (おいおいおい! 彼女の洗濯物は洗濯機の中に入ってなかったよ!)

Ross: Hey, hey, hey! That’s not the rule, and you know it! (おいおいおい! そんなのはルールじゃないし、あんたはそのことを知ってるだろ!)

Ross: All right. Show’s over. Nothing to see here. Ok, let’s do laundry. (よーし。ショーは終わりだ。ここには見るものはないよ。オッケー、洗濯しよう。)

Rachel: That was amazing! I can’t even ②send back soup. (さっきのはすごかったわ! 私はスープすら返せないのに。)

Ross: Well, that’s because you’re such a sweet, gentle, uh…. Uh, do you, uh, do you… Oh, hey, you must need ③detergent. (うーん、それは君がそんなに素敵で優しいからだよ、その… えーっ、君は… あぁ、ねぇ、洗剤必要だよね。)

Rachel: What’s that? (それは何?)

Ross: Überweiss. It’s new. It’s German. It’s extra tough! (ウーバーヴァイスだ。新しい。ドイツ製。すっごくタフなんだ!)

Ross: Rach, do you uh, are you gonna separate those? (レイチェル、君は、それらの服を分けるつもり?)

Rachel: Oh, God. Oh, am I being like a total laundry ④spaz? I mean, ⑤am I supposed to use like one machine for shirts and another machine for pants? (あぁ、なんてこと。まぁ、私って、全くの洗濯ドジみたいよね? ほら、洗濯機の一つはシャツ用で、もう一つの洗濯機はパンツ用みたいに使うことになってるのよね?)

Ross: Have you, have you never done this before? (君は、今までに君はこれをしたことある?)

Rachel: Well, not myself. But I know other people that have. Okay. ⑥You caught me. I’m a laundry virgin. (えーっと、私自身は洗濯したことないわ。でも洗濯経験のある他の人は知ってるわよ。いいわ、あなたにバレちゃったわね。私は洗濯未経験者なの。)

Ross: Uh, well, don’t worry. I’ll use the gentle cycle. Okay, um, basically, you wanna use one machine for all your whites, okay? ⑦A whole nother machine for, for your colors. And a third for uh, your … uh delicates. And that would be your bras and your under… panty… things. (あぁ、心配しないで。僕はジェントル・サイクル(低速回転)を使うから。よし、基本的に、洗濯機の一つは白物に使うといいよ。別の洗濯機は色物用に。そして3番目は君の… そのデリケートな衣類用に。それって君のブラとか君の下着…のパンティーとかだね。)

Rachel: Ok, Well, what about, these are white cotton panties. Would they go with whites or delicates?(まぁ、じゃあどうなるの? これは白い綿のパンティーよ。これは白物と一緒? それともデリケートなものと?)

Ross: That, that… that would be a ⑧judgment call. (それは、それは… それは個人的な判断になるね。)


単語・フレーズ解説

suds 「石鹸水、石鹸の泡」

send back 「送り返す、返上する」

detergent 「洗剤」

spaz 「鈍くさい人、どじなやつ、おっちょこちょいな人」

am I supposed to 「be supposed to 〜することになっている、〜するはずである」

You caught me 「(嘘や企みが)バレちゃった」

A whole nother 「全く違う、全く別」

judgment call 「審判の判断、個人的な意見」

 

【シーズン1・エピソード5解説】土曜の夜を一緒に The one with the east German laundry Detergent 解説⑦

Monica: He’s so cute! So where did you guys grow up? (彼ってすっごく素敵! それであなたたちはどこで育ったの?)

Angela: Brooklyn Heights. (ブルックリン・ハイツ。)

Bob: Cleveland. (クリーブランド。)

Monica: Ha? How did that happen? (は? どうしてそんなことが起こったの?)

Joey: Oh, my God! (なんてこった!)

Monica: What? (何?)

Joey: I uh, suddenly had the feeling I was… falling. But I’m not. (俺、突然、落ちてる感じがしたんだよ。でも落ちてないや。)

 

【シーズン1・エピソード5解説】土曜の夜を一緒に The one with the east German laundry Detergent 解説⑧

Monica: I’ve gotta tell you, Bob is ①terrific. (あなたにこれだけは言わなきゃいけないわ、ボブって最高ね。)

Angela: Yeah, isn’t he? (えぇ、そうでしょ?)

Monica: It is so great to meet a guy who’s smart and funny, and has an emotional age beyond, like, 8. (賢くて面白くて、その上、精神年齢が、ほら、8歳以上の男性に会えるなんて、すごく素敵!)

Angela: You know what else? He’s unbelievable in bed! (他にもあるの知ってる? 彼はベッドで信じられないくらいすごいのよ!)

Monica: Wow. My brother never even told me when he lost his virginity.(まあ。私の兄は自分がいつ童貞を喪失したかさえ教えてくれなかったわ。)

Angela: Huh. That’s nice. (はぁ。それは良かったわね。)


単語・フレーズ解説

terrific 「素晴らしい、すごくいい」

emotional age 「感情年齢」※mental age 精神年齢

virginity 「名詞 処女(童貞)であること」

 

今回はここまでにしておきます。

 

今日の記事でのポイントは「A whole nother」です。

 

調べたところ「another」は「an + other」に別れており、そこに協調の「whole 全く」が入った形になっているようです。同意語として「entirely different 全く別の、全く異なる、全く違う」とあります。

 

例文としてあったのがこちら「He has taken his performance to a whole nother level. 彼は全く別の次元(レベル)のパフォーマンスをした」

 

考えると使い所がフレーズかもしれません、今日覚えたことを普段の生活で使えるようにしていきましょう!

 

Thank you for reading~

タイトルとURLをコピーしました