Friendsで学ぼう【Season1,episode1解説】②

Friendsで学ぶ
Friendsで学ぼう【Season1,episode1解説】① の続きになります。内容がわからない人は戻って確認してください。

 

前回はレイチェルが結婚式場での出来事を語って終わりました。今回はその続きから書いていきます。

 

ということで、早速始めていきましょうー!

 

マンハッタンの6人 The One Where Monica Gets a Roommate(モニカが新しいルームメイトができた場所)解説④

Monica:Now I’m guessing that ①he bought her the big pipe organ, and she’s really not happy about it.(今私は彼がこの大きいパイプオルガンを彼女に買ったと思うんだけど、彼女は全然ハッピーじゃないのね。)

Rachel:Daddy, I just… I can’t marry him! I’m sorry. I just don’t love him. Well, it matters to me!(パパ、私は、私は彼と結婚できないわ!ごめんなさい。私はただ彼を愛せないの。えーと、私に取っては大事なことよ!)

Chandler:Ooh, she should not be wearing those pants.(おー、彼女はこんなパンツ履いてるべきじゃないな。)

Joey:I say ②push her down the stairs.(俺は言うよ、彼女を突き落とせってね。)

Phoebe, Ross, Chandler, and Joey:Push her down the stairs! Push her down the stairs! Push her down the stairs!(彼女を突き落とせ!彼女を突き落せ!彼女を突き落とせ!

Chandler:All right.(いいね。)

Rachel:C’mon Daddy, listen to me! It’s like all of my life, everyone has always told me,”You’re a shoe! You’re a shoe, you’re a shoe, you’re a shoe!” And then today I just stopped and said, “③What if I don’t wanna be a shoe? What if I wanna be a- a purse, y’know? Or a- or a hat?” No, I don’t want you to buy me a hat, I’m saying I am a ha- It’s a metaphor, Daddy!(ねぇぱぱ、私の話を聞いて!私の人生の全てみたい感じよ、みんないつも私に言うの、「あなたは靴よ、あなたは靴、あなたは靴。」って。それで今日私はただ立ち止まって言ったの、「もし私が靴になりたくなかったら?もし私がバックになりたかったら?わかる?または帽子とか?」いいえ、パパに帽子を買ってもらいたいわけじゃなくて、私は帽子だったらって言っている、、比喩よ、パパ!)

Ross: ④You can see where he’d have trouble.(君のパパがどこで理解に苦しんでいるかわかるよね。)

Rachel:Look Daddy, it’s my life. Well maybe I’ll just stay here with Monica.(ねぇパパ、私の人生よ、えー多分、モニカと一緒にここに住むわ。)

Monica:Well, I guess ⑤we’ve established she’s staying here with Monica.(えーと、私が思うに、私たちははっきりさせたわ、彼女がモニカと一緒にここに住むってことを。)

Rachel:Well, maybe that’s my decision. Well, maybe I don’t need your money. Wait!! Wait, I said maybe!!(えぇ、多分それは私の決断よ。えぇ、多分私はパパのお金は必要ないわ。待って!待って、私は多分って言ったよ!)


単語・フレーズ解説

he bought her the big pipe organ 「buy 人 物」で「人に物を買う」

push her down the stairs 「push someone down」で「人を押し倒す/突き落とす」

What if I don’t wanna be a shoe? 「What if〜?」で「もし〜だったら?」

You can see where he’d have trouble 「he’d have trouble」=「he would have trouble」

we’ve established she’s staying here with Monica 「we’ve established」=「we have established」、「establish」は「(事実、理論などを)はっきりさせる、立証する、確立する」

マンハッタンの6人 解説⑤

Monica:Okay. Just breathe, that’s it. Just try to think of nice calm things.(いいわ、ただ息をして、それだけよ。ただゆっくり落ちるけることを考えるようにして。)

Phoebe:Raindrops on roses and whiskers on kittens, doorbells and sleigh bells and something with mittens, La la la something with string.(薔薇の上に雨粒そして、子猫のひげそして、ドアベルにそりのベル、そしてミトンと一緒の何か、ランランランひもと一緒の何か)

Rachel:I’m all better now.(私は今全部よくなったわ。)

Phoebe:I helped!(私は役に立ったわ!)

Monica:Okay, look, this is probably ①for the best, y’know? Independence. Taking control of your life.(大丈夫、ねぇ、おそらくこれでよかったのよ、わかる?独立よ、自分の人生をコントロールすることよ。

Joey:And hey, you need anything, you can always come to Joey. Me and Chandler live right across the hall. And he’s away a lot.(ねぇそれに、君が何か必要なら、いつでも俺のところに来ていいよ。俺とチャンドラーはちょうど廊下の向かえに住んでる、そしてチャンドラーはよく出かけてる。)

Monica:Joey, stop ②hitting on her! It’s her wedding day!(ジョイ、彼女にナンパするのはやめて!彼女の結婚式の日なのよ!)

Joey:What, like there’s a rule or something?(何、ルールか何かあるかのように?)

Chandler:Please don’t do that again, it’s a horrible sound.(またそれをするのはやめてください、酷い音がするんだよ。)

Paul:It’s, uh, it’s Paul.(あ、えと、ポールです。)

Monica:③Buzz him in!(入れてあげて!)

Joey:Who’s Paul?(ポールって誰?)

Ross:Paul the Wine Guy, Paul?(ソムリエのポール、のポール?)

Monica:Maybe.(多分。)

Joey:Wait. Your ‘not a real date’ tonight is with Paul the Wine Guy?(待ってよ、お前の今夜は「デートじゃない」はソムリエのポールと一緒?)

Ross:He finally ④asked you out?(やっと彼がデートに誘ったの?)

Monica:Yes!(えぇ!)

Chandler:Ooh, this is a ⑤Dear Diary moment.(おぉ、これは日記に行く瞬間だね)

Monica:Rach, wait, I can cancel.(レイチェル、待って、キャンセルできるわ)

Rachel:Please, no, go, I’ll be fine!(やめて、行って、私は大丈夫!)

Monica:Are, Ross, are you okay? I mean, do you want me to stay?(あぁ、ロス、大丈夫?私にここにいてもらいたい?)

Ross:That’d be good…(それがいいね、、)

Monica:Really?(本当に?)

Ross:No, go on! It’s Paul the Wine Guy!(嘘だよ、行けよ、ソムリエのポールだぞ!)

Monica:Hi, come in! Paul, this is..everybody, everybody, this is Paul.(はい、入って!ポール、こちらは、みんなよ、みんな、彼はポールよ。)

All:Hey! Paul! Hi! The Wine Guy! Hey!(やぁ!はい!ソムリエのポール!やぁ!)

Chandler:I’m sorry, I didn’t ⑥catch your name. Paul, was it?(ごめん、名前聞き取れなかったんだ、ポールだっけ?)

Monica:Sit down. Two seconds.(座って、2秒待って。)

Phoebe:Ooh, I just ⑦pulled out four eyelashes. That can’t be good.(おぅ、まつ毛を4本ひき抜いちゃった、これはよくないわ。)


単語・フレーズ解説

(all)for the best 「これでよかったんだ」、悔いが残る結果だけど、これでよかった/最終的にいい結果になるというニュアンス

hitting on 「hit on」で「ナンパする」

Buzz him in 「buzz in」で「(ドアのブザーを鳴らした人をビルや部屋の中に)入れる」

asked you out 「ask 人 out」で「(人を)デートに誘う」

Dear Diary 「dear」は親愛なる人に使う言葉 ※手紙などでよく使われる。日記を擬人化した感じで、直訳すると「親愛なる日記さんへ」となる。

catch 「聞き取る」

pulled out 「pull out」で「引き抜く」

マンハッタンの6人 解説⑥

Ross:So Rachel, what’re you, uh… ①what’re you up to tonight?(そぅレイチェル、えー、今夜何してる?)

Rachel:Well, I ②was kinda supposed tobe headed for Aruba on my honeymoon, so nothing!(えーと、まぁハネムーンでアルバ島に向かうはすだった、だから何もないわ。)

Ross:Right, you’re not even getting your honeymoon, God.. No, no, ④although, Aruba, ⑤this time of year, ⑥talk about your – big lizards… Anyway, if you don’t feel like being alone tonight, Joey and Chandler are coming over to ⑦help me put together my new furniture.(あーだよね、君はハネムーンにさえいけないんだね、あぁ、いやいや、とわいえ、アルバ島、この季節、まさに大トカゲだよ、とにかく、もし君が今夜1人になりたくない感じなら、ジョイとチャンドラーが俺の新しい家具を組み立てるの手助けしに来てくれるんだ。)

Chandler:Yes, and we’re very excited about it.(そうさ、俺たちはめっちゃワクワクしているんだ)

Rachel:Well actually thanks, but I think I’m just gonna ⑧hang out here tonight. ⑨It’s been a long day.(えー、本当にありがとう、でも今夜はただここでダラダラしているわ。長い1日だったから。)

Ross:Oh, sure. Okay, sure.(お、わかったよ、大丈夫。)

Joey:Hey Pheebs, you wanna help?(おーい、フィービー、手伝いたい?)

Phoebe:Oh, I wish I could, but I don’t want to.(あー、できたらよかったんだけど、でもしたくないの。)


単語・フレーズ解説

what’re you up to tonight? 「what are you up to?」で「何してるの?」と挨拶的な意味合いが含まれていて、軽いニュアンス。

was kinda supposed to 「be supposed to」で「〜するはずです」、「kinda」で「ちょっと/まぁ/なんか/少し」という意味合いで使われる。

be headed for 「〜に向かう」

although 「とはいえ」

this time of year 「この季節」

talk about 「まさに〜だ」命令形の形であることに注意

help me put together 「help 人 動詞の原型/help 人 to do」の形を取る。今回は前者の形、「人が〜するのを手伝う」

hang out 「(友達と)時間を過ごす/ブラブラする/出かける

It’s been a long day 「It has been a long day」「長い1日」

アルバ島はどこ?

アルバ島はカリブ海にある島で、リゾート地ですね。ベネズエラから北に進んだところにあります。

大きい画像で見るとこんな感じです。

砂浜、海が綺麗で、ダイビングするにはかなりいいところ、あまり日本人には馴染みがないらしいですが、アメリカ人の方には人気のあるスポットのようです。

 

フィービーが歌ってた曲って何?

「マンハッタンの6人 解説⑤」で、フィービーが歌ってた曲は「My Favorite Things」という曲です。フィービーの場合、歌詞が飛んでバラバラになっていますが、本当はこんな曲です。

古いversion

 

Ariana Grande cover version

 

始めて聞いた人もいたかもしれません。Friends自体古いので、古い曲が使われるのも当然なんですが、coverもされているので当時でも有名な曲だったことはわかるかと。アリアナ グランデがcoverして歌ってるくらいですからね。

 

ということで今回の記事はここまでにしておきます。まだまだ先は長いですが、1つ1つ理解して自分のものにしていきましょう!

 

僕も記事を書きながら、さらに理解を深めていこうと思います。

Friendsで学ぶ
スポンサーリンク
Nao with English
タイトルとURLをコピーしました