通勤時間を有意義に英語勉強に使う方法【便利な教材やアプリを紹介】

Study

通勤中に英語勉強をしたい人方へ「通勤中に英語勉強しようと考えてるんだけど、手軽にできるいい方法ってないかな?あるなら教えてほしい。」

こんな悩みに答えます。

 

どうもNaoです。

 

僕自身英語勉強しているときは通勤時間帯も英語に触れるようにしていました。そのおかげもあり、早い段階で外国人とコミュニケーションを取れるようになったんだと思います。

 

この経験を踏まえて僕がやってきたことを皆さんにシェアしていこうと思います。

 

通勤時間が効果的な理由

通勤時間帯が効果的な理由には3つあります、それがこちら。

理由①:記憶したい内容を反復して確認できる
理由②:無駄な時間を有効的に使うことができる
理由③:観客効果がある

 

理由①:記憶したい内容を反復して確認できる

英語は1度勉強し覚えたとしても反復しないと忘れてしまいます。仮に100%覚えたことでも20分後には42%、1時間後には56%忘れてしまいます。

 

なので反復してやることはかなり大事なことになってきます。

 

仕事をしてる以上通勤時間は存在します、家に帰ってから一定間時間勉強のために時間を確保できない人は、この時間が自分の中で確保された時間になります。なのでここで英単語などを毎日反複して覚えていけば、確実に脳へと定着されます。

 

僕は車通勤で30分くらいかかっていたので、その時間はずっと単語、リスニング、スピーキングの練習のために使っていました。

 

1日毎に3つをローテーションしてた感じです。

 

周りから見たら歌を歌っている人にしか見られなかったかもしれませんね!

 

理由②:無駄な時間を有効的に使うことができる

「時間は有限」なので通勤時間をタダの通勤時間にせず、ちょっとした自分への自己投資として使ってみてください。

 

人それぞれ通勤時間は違います、30分の人もいれば、1時間の人もいます。それに車なのか電車、バスなのか、これによってもできる内容は変わってきます。

電車 バス
スピーキング × ×
リスニング
リーディング ×
ライティング ×
発音 × ×
英文法 ×
英単語

それぞれ車内でできることをまとめてみました。

 

通勤スタイルを変えることはなかなかできないので、それにあった方法で進めていけばいいと思います。

 

「できることからやっていく」これが大事です!

 

理由③:観客効果がある

観客効果とは、他人に見られることによって自分が重大なことをやっているかのように感じ、その感覚がモチベーションを高めるという心理学の法則です。

 

スポーツで考えると簡単かもしれません、友達や第三者に見られてる時って頑張ろうと張り切っちゃうことありませんか?

 

その人の前ではいいところ見せようとするみたいな。よはこれが観客効果です。

 

バスや電車だと周りに人がいるので、この効果が働き集中して取り組むことができます、正直車通勤の人には得られない効果かもしれません。

 

通勤時間に適した英語勉強【教材・アプリ】

次に貴重な通勤時間にできる教材とアプリを紹介していきます、どうせやるなら手軽かつ続けれるものを選びたいですからね。

 

僕自身が使ってきたものを紹介します。

 

通勤時間に適した英語勉強【教材】

まずは基礎単語を覚えるためにこちらの教材を使っていました、CDが付いているので音声をスマホに入れて繰り返し流していた感じです。キクタンBasic4000語をやれば参考書に出てくるほとんどの単語は理解できるようになります。

 

スピーキングの練習に欠かせないのがこちらの1冊、なかなか口から英語が出てこない人はこの1冊をやるべきです。簡単な単語で構成されているので難しくはありません。僕自身この1冊を手にしてからスピーキングが上達しました。

 

基礎文法を習得したい人にはこちらの1冊、TOEICは基礎英語を覚えるのに最適で、この1冊はリスニング教材としても使うことができま。TOEICはリーディングとリスニングを中心としているので何回も繰り返すことでこの2つは間違いなくレベルアップしていきます。

 

通勤時間に適した英語勉強【アプリ】

英単語アプリ mikan

英単語アプリ mikan

mikan Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

こちらのmikanのいいところは「覚える→テストする→学習する」のサイクルを高速でできることです、それにレベルの応じてコースを選ぶことができるので、初心者でもできることができます。

 

TOEIC、英検の対策としても使えるので重宝できるアプリの1つです。

 

英語リスニングの神: 英会話 勉強 学習 - RedKiwi

英語リスニングの神: 英会話 勉強 学習 – RedKiwi

HayanMind Inc.無料posted withアプリーチ

こちらのRedKiwiはリスニング練習として最高に使えます。Youtube動画を学習材料に使っていて、ドラマやドキュメンタリーのワンシーンを英語で学べます。

 

正直全然飽きません、コンテンツが楽しいので続けられます。

 

日本語と英語字幕が同時に出てくるので、意味も確認しながら英文を読み解いていくことが可能です。

 

Cake (ケーク) 英会話

Cake (ケーク) 英会話

Cake Company Limited無料posted withアプリーチ

こちらのCakeはネイティブが使う会話表現をサクッと楽しく学べるアプリで、リスニングだけでなくスピーキングの練習も同時に可能です。1つ1つのフレーズを何度もリピート再生でき、発音チェックもできるので自分の発音矯正にはもってこいです。

 

通勤中に使うべきオススメのイヤホン

イヤホンを使うのであれば、やはりワイヤレスイヤホンを選ぶべきです。コードが服やカバンに引っ掛かかってイライラしたことある人もいるんじゃないでしょうか?ストレスを感じずにいたいのであればワイヤレスイヤホンに敵うものはありません。

 

今ではたくさんのワイヤレスイヤホンが販売されているので、その中でも音切れ、長時間再生や防水機能などがあるものを厳選しました。まだ持ってない人はこの機に1つ揃えておくことをオススメしますね。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro

こちらのワイヤレスイヤホンはケーブルのわずらわしさが一切なく、どんな耳穴の大きさにも合うように9サイズのイヤーピースが同梱されています。何より街中や騒音が激しい場所にも対応していて「屋内」「屋外」「交通機関」モードも備えているので、イライラせずに聞くことができます。1万円前半でこの機能の充実さは文句なしですね。

 

MPOW M7 ANC フルワイヤレスイヤホン

こちらの商品もノイズカット機能が付いていて、野外での音や室内での会話の音などを驚くほど小さくしてくれます。重さも軽く使っていても耳が疲れることはありません、日本人に合わせて作られているので高音質がすんなりと耳に運ばれてきます。こちらも1万円台なのでコスパ最強です。

 

Anker Soundcore Spirit Pro ワイヤレスイヤホン IPX8防水

こちらのワイヤレスイヤホン、まず値段が上記の2つと違い格段に安い!なんと4000円台というコスパ激高です!それにもかかわらず高い防水防汗構造になっていて、連続再生10時間のバッテリーの持ちよう、軽量でフィット感もいいのでランニングやジムで多く使われています。1万円台のものになかなか手が出ない人にはいいかもしれませんね。

 

通勤時間を有意義に英語勉強に使おう!

今回は「通勤時間を有意義に英語勉強に使う方法」ということで紹介させてもらいました。通勤時間中にどのように勉強していいかわからなかった方への参考になっていれば幸いです。

 

通勤時間でも時間忘れるくらいワクワクしながら行きたいですよね、そのくらい英語に打ち込めば話せるようになんてあっという間です!継続が感じんなのはもちろんですが、無理なくストレスなくも同じくらい重要。

 

なので深く考えずに気が向くままに進めていけばいいと思います。ぶっちゃけ通勤中の5分でもいいんですよ、その後好きな音楽聞いたりして。その理由をこちらで簡単に解説しています。
>>理由:ハードルをグッと下げた勉強法←気付けば1時間とか経ってる【事実】

 

そのくらい簡単に考えてください。

 

ということで今日はここまでにしておきます、読んでいただきありがとうございました。

 

See you again soon!

Study
スポンサーリンク
Nao with English
タイトルとURLをコピーしました