どん底に落ちたモチベーションの上げ方と持続する方法【MIND】

Mind
スポンサーリンク

こんにちは、Naoです。

 

いつもモチベを高く保とうとしています。
毎日英語に触れ、モチベを上げています。

 

今回はそんなモチベの上げ方について書いていきます。

 

どん底に落ちたモチベーションの上げ方と維持

僕の結論としては、頑張らないことです。

 

以前、僕の周りにこのような人がいました。

Aさんは頂いた仕事を忙しい中、頑張ってこなしていました。「頑張っているのだから昇格、給料UPに繋がるだろう」と思っていたAさんでしたが、頑張っても頑張っても見返り(評価)がありません。不満に思ったAさんは上司に尋ねたところ「会社に貢献できて嬉しいだろう?」といった答えしか返ってきませんでした。たくさん貢献したにもかかわらず、それに見合った評価がされなかったのです。その後、Aさんはやる気をなくし、サボり癖がつき、他のことに対してもやる気をなくしてしまいました。

 

会社に勤めていたらこんな話よくあると思います。

 

こんな人はまず何も考えず休むことをオススメします。精神がすり減り過ぎているので正常な判断ができてない状態になってます。

 

1、思い切って休む

何も手につけれらない時は思い切って休みましょう。

 

「心が疲れている」証拠だと思ってください。

 

こんな時はとにかく何もせず、友達と遊びに行くとか、映画を見るなどして一度離れるべきです、お酒を飲むのもOK。
好きなことをするのが一番のリフレッシュになるのは間違いないです。

 

僕自身以前頑張りすぎて、英語自体が嫌いになったことがあります、マジで酒ばっか飲んでました。

 

でも2、3週間何もしないでいたら、また自然に始めてました。

 

2、目標を小さくする

ゲーム感覚で考えれば簡単かもしれません。初めていきなりラスボスは倒せませんよね?コツコツ雑魚を倒しレベルを上げてからボスに挑みません?

 

目の前のことができればその先のことは大抵できます。

 

僕がオンライン英会話を始めた時、自分の目標は「ネイティブのようにスラスラ話す」でした。まだ英文法も全然理解できてないザコの時です。

 

当時の僕はただスピードだけにフォーカスしていて、どんな簡単な文章でも早く言えるように練習していました、その結果先生には全く伝わらず、結局早く話すこともできず当時の先生からは「ナオ、落ち着いて、ゆっくりでいいから」と指摘を受け、恥ずかしくなった思い出があります。

 

文法も全然だったので、今思えば英語の語順もぐちゃぐちゃだったのかもしれません、いきなりスラスラなんて無理な話です。それからは順序を踏んで進めました。

 

英語を理解する上では順序が大事です、バラバラでも進めていくことはできますが、効率がいいかどうかは別です。進めるなら効率的な方がいいですよね。順序よく効率的に進めたい方はこちらの記事をご覧ください。
参照>>英語勉強で初心者が初めにやることは?成果を早く出したい人必須!

 

3、5分でもいいから行動してみる

これは心理学的にも実証されており、「ベイビーステップ」と言います。こんな名前はどうでもいいです。

 

よは行動するためのトリガーを作るということです。

 

問題集を開き、1問解いても「勉強した」になります、無理のない一歩がモチベーション持続のコツです。

 

30分→英語、1時間→ゲーム、30分→英語、1時間→Netflix

 

上記は以前の僕がやっていたことです。欲望も入れつつやっていたので全く苦ではありませんでした。

 

実際こんな感じでいいと思います。

 

4、記録をつける

以前書いた記事中に、一連の動作が重要だと書きました。

 

僕はその一連の動作の中に「記録をつける」行動を入れていました。
下記に記事を載せておきます。

 

それに長々とやらず、「今日はここまでやろう」「〇〇時までやろう」とし、1時間以上はやっていません。
時間が中途半端でも必ずその時間にやめていました。

 

長くやっても集中力が持ちませんので。

 

時間記録に最適なアプリ

Studyplus(スタディプラス) 日々の学習管理に

Studyplus(スタディプラス) 日々の学習管理に

Studyplus Inc.無料posted withアプリーチ

時間記録するのに僕は「Studyplus」というアプリを使っていました。

 

これは本のバーコードを読み込み自分だけの教材集を作ることができるものです。1日、1月、トータルの時間が一目でわかるので、かなり見やすいです。

 

モチベーションのことを意識しすぎないことが1番【継続・持続の考えを捨てる】

まずモチベーションは生み出すものじゃなく、内部から発するものです。

 

誰しもモチベーション高い時はあります、それに継続し続けられてた時もあります。じゃなんで長く続けられたのか?

 

それは楽しかったからじゃないですか?

 

ただ単に楽しいから続けられた、僕もそうです。
楽しいから英語が続けられました。

 

継続・持続、時間といった考えに囚われず、まずは楽しむこと大切です。

 

時間は有限、1日24時間、1年365日

人生楽しんだもん勝ち

この言葉、一度は見たり、聞いたりしたことありません?

 

ですが、楽しんだ人が勝者というわけではありません。楽しんでないから敗者というわけでもありません。

 

ぶっちゃけ優劣をつけても意味がないです。

 

当たり前ですが、自分の人生は勝手に楽しくならないです。行動することが重要です。

 

僕は何かをやりたいと決めたら、とりあえずすぐやってみることにしています。自分に合わなかったら、それはそれでしょうがないと思っています。

 

駄目でも全然いいと思っています。

 

やってみないことにはわからないですし、駄目でもそれは失敗に終わりません、そこで知れることってぶっちゃけ多いんです。

 

そのことを知れただけでもかなりの成果です。

 

適当にやってみる

意識を高め続けることはいいことですが、そういった感情は自然に出てくるものです。

 

一度立ち止まり、意欲がなかなか湧かない人は旅行でもすればいいと思います。

これは僕がフィリピンに行った時の画像です。

 

綺麗な景色を見て、現地のご飯を食べて、人と交流をすることで思考は柔らかくなります。

 

それに今まで悩んでたこと、いろんなことが吹っ飛びます。
それに英語を勉強しているなら、使ってみるいいチャンスでもあります。

 

一度リセットすると不思議とその後ってやる気が湧いてきます。

 

くどいかもしれませんが、モチベーションは内から湧いてくるものということです。

 

なので定期的に自分を休める時間を作ってみてください。
僕もそうしています。

 

というわけで今日の記事はここまでです。
読んで頂き、ありがとうございました。

Mind
スポンサーリンク
Nao with English
タイトルとURLをコピーしました