英語への自己投資はマジでコスパ最強!得られるものが多すぎる話

Mind
スポンサーリンク

どうもNaoです。

 

英語はマジでコスパ最強です。
リターンが大きい自己投資の1つと確実にいえますね。

 

英語は今後必ず必要になってくるスキルの1つになってきます。
必要になってから習得しようとするのは正直遅すぎるので、今からやっておくのが間違いなくベストな選択といえます。

 

ということで、英語ができるようになった時のメリット3つ話していきます。

英語への自己投資はマジでコスパ最強!

英語をできるようになれば、たくさんのメリットがあるということは誰でも知ってます。その中で今回紹介したい大きなメリット3つがこちら。

メリット①:世界の人とコミュニケーションが取れる
メリット②:英語の情報を自分で解釈できる
メリット③:ビジネスチャンスが多い

全て英語ができないと得られないメリットです。

 

では深掘りして、説明していきますね。

メリット①:世界の人とコミュニケーションが取れる

今世界の人口って日本を除けば約75億人くらいいます。日本は大体1億3000万人くらい、そのほとんどの国の人が英語を話すことができます。

 

ざっくりいいますが、英語を話すことができれば、75億人の人とコミュニケーションを取ることができるということです。少なくとも日本の人口の何十倍もの人とコミュニケーションは取れます。

 

これ凄くないですか?

 

自分と同じ価値観や考え方を持っている人と出会う確率が高くなりますし、そういう人たちに囲まれると嬉しいはずです。話してても楽しいし、日本以外で自分を認めてくれる人がいることにだって気付きます。

 

親友といるみたいな感じですかね、幸福感が得られます。
深い話ができるようになれば、深い信頼関係も築いていけます。

メリット②:英語の情報を自分で解釈できる

映画での字幕のことを考えれば早いかもしれません、あれは翻訳者さんが日本語に翻訳して、英語がわからない人のために字幕をつけてます。
翻訳者さんの捉え方が正解だと決めつけて、結構多くの人が字幕を読んでたりするんですよ。

 

でもそれって結構違っていて、捉え方は人それぞれなんですね。自分の捉え方と翻訳者さんの捉え方が違ったりする時って普通にあります。

 

なので自分で聞いた、見た情報は、自分の捉え方で自分なりに解釈することが大事だと思いますし、大切にするべきことだと思います。

メリット③:ビジネスチャンスが多い

ぶっちゃけ英語できるだけで、仕事を得られるチャンスがかなり違ってきます。

 

仮に自分が社長で、人を採用するなら、英語のできる人とできない人どちらを選びますか?

 

間違いなく前者だと思います。

 

それだけ英語は大事だと誰もが当たり前のようにわかってます。それに金銭面にも影響が出てきます。

 

英語を使った仕事で、最近僕が見たのが「Youtubeに英語翻訳をつけてほしい」って依頼です。
僕が見た単価が1分300円〜800円くらい、仮に10分動画で1番低い値段の300円だとしても、10分で3000円です。
10件依頼受けたら、1日3万です。

 

かなりおいしい仕事です。

 

なので極論、英語はできた方がいいということです。一目で判断されるくらいチャンスがあります。

検索が有利になる件

疑問や何かの情報が欲しい時って、YoutubeやGoogleで検索して、自分の欲しい情報を得ようとしますよね。
経験ある人もいると思うんですけど、検索しても自分の欲しい情報がない時ってありませんか?

 

大体の人があると思います。

 

その検索の仕方を英語にするだけで、かなり大量の情報が日本語コンテンツよりも出てきます。量も多いので、ピンポイントに探せますし、時短にもなります。

1年間勉強したら話せるようになるのか?

答えはYES。

 

1年間英語に時間を費やしてたら、確実に喋れます。
もちろん個人差はありますよ、それでも話せるようになります。

 

1年間という時間を自分に投資することで、一生のスキルが手に入るなら、これほどいい自己投資はないと思いますよ。

 

職がなくなったとしても、英語スキルがあるだけで、翻訳者、英語講師、海外での仕事をすることができます。待遇だって違ってきますし、給料にも差は出てきます。

 

英語ができることで、これだけのメリットが生まれてきます。

考えても意味ない

今英語を始めようか迷っている人がいるなら、それは時間の無駄です。

・自分に継続できるかな。
・話せるようになるまで、どれだけやらないといけないんだろう

すんなり始められない理由ってこんな感じだと思います。

 

ちょっと辛口になりますが、それって僕からすると「逃げ」なんですよね。こういう発言聞くと「やる気ないんだなぁ」って思っちゃいます。

 

情熱がないと継続できないのも確かですが、でも始めてみないことにはわかりません。日本人は英語に関して、先入観で苦手意識が植え付けられています。

 

実際始めてみたら「自分の成長がみれて楽しい」「話せることが楽しくなって継続できた」こんなことってたくさんあります。

 

今迷っている時間を無駄にしないために、とりあえず植え付けられた先入観を取っ払って始めてみてください。

まとめ:英語はいつでも始まれる

まとめに入りますが、英語の勉強は何歳からでも始められます。

 

10歳、20歳、50歳からでもできます、高年齢になってから始めている人も実際います。そして話せるようになってます。

 

なので先延ばしにするより、今思っているのであれば今やりましょう。
自分が考えているほど、正直難しくはないと僕は思いますよ。

 

動けない人は先入観の呪縛に、ハマっているだけです。
考えずに行動してみましょう。

 

終わり、読んで頂きありがとうございました。

Mind
スポンサーリンク
Nao with English
タイトルとURLをコピーしました