【まとめ】オンライン英会話で初心者によくある悩みとその対策方法

Study

オンライン英会話を始めようと思っている方「オンライン英会話を始めようと考えてるけど、先生と話せるか、自分ができるのか、効果出るのか、そんなことを考えてなかなかスタートできない。」

こんな悩みに答えます。

 

どうもNaoです。

 

オンライン英会話始めようと思う場合「とにかく不安で始めることができない。」こんな風に思う人が多いと思います。

 

外国人と話したことがない人だと尚更、始めるに当たりQ&Aでは解決できない悩みもあるはずです。

 

今回の記事では、そんなオンライン英会話に対する不安や悩みを解消できるよう書いていきます。

 

オンライン英会話で初心者によくある悩み

オンライン英会話に対する多い悩みがこちら。

悩み①:リスニング、スピーキングができないけど大丈夫か
悩み②:話すのが恥ずかしい
悩み③:どんな講師がいて、どんな会話をすればいいのか
悩み④:フィリピン人の講師でも大丈夫なのか

大体こんな感じだと思います。

 

1つ1つ対策も含め説明していきます。

 

悩み①:リスニング、スピーキングができないけど大丈夫か

「日本人のほとんどは英語を話す機会がない」これは最近でも全然言えることで「リスニング、スピーキングができない」そしてそれは自信が持てない原因の1つです。

 

ですが、僕が思うにビギナーだからこそ始めた方がいいと思います。

 

というのも、リスニングもスピーキングも初めのうちは変な癖が付いてないのですんなり入ってきます、ありのままに覚えていけます。それに自分の問題(スピーキングが苦手なのか、それともリスニングが苦手なのか)もすぐ理解することができます。

 

実際のところ習う前から取得するのではなく、習いながら取得する方向が1番のいい。

 

自分の弱点を知りながら進める方が効果出るのが早いです。

 

悩み②:話すのが恥ずかしい

・人目を気にしている
・間違うのが恥ずかしい
・間違えた時に周りがどう思ってるのか気になる

話すのが恥ずかしいと思う理由としてはこんなところじゃないですかね。話す機会がないので恥ずかしいと思うのは当然、それに初心者なので間違うのも当然。

 

ですが、間違わないと成長しないのも当然、なにが言いたいかというと、恥ずかしさを感じているうちは大きい成果が出づらいということです。

実はこの本の中には会話が上達するかどうかの方式が書いてあります。その方式がこちら。

恥かしい気持ちは実力に関係なく感じます、そう簡単に消えるものではないです。なので「勇気を持って話してみる」これを積み重ね経験していった人が克服、そして上達していくことができます。

 

悩み③:どんな講師がいて、どんな会話をすればいいのか

講師の中には指導教育を受けたとはいえ、教えるのがうまかったり、そうでなかったりする人もいます。

 

以前僕が選んだ講師の中に声が太くて、言っていることが聞き取りにくい人がいました。話す相手を選んではいけないと思っていましたが、上達することが目的だったので、気にしないで聞き取りやすい講師をどんどん選んでましたね。

 

それ以降、僕が講師を選ぶときに考えていたポイントがあり、それがこちらです。

 

選び方①:講師歴が長い人を選ぶ
選び方②:プロフィールを見て個人的に仲良くなりたい人を選ぶ
選び方③:声が聞き取りやすい人を選ぶ
選び方④:日本語を話せる講師を選ぶ(初心者の時)

失敗とは言いませんが、経験を得て僕がオンライン英会話を初めた当初は上記のことを考えてました。

 

それに講師の方を選ぶ時ってシンプルに「この人と話してみたい」という気持ちがあるからだと思います、なのでプロフィールや講師の雰囲気など見て「この先生なら優しく教えてくれそうかな」「コミュニケーション取っていけそうだな」こんな感じで選んでいくのもがいいと思います。

 

話が合いそうなことがプロフィールに書いてると、その分野に対して自分も話していくことができますし、逆に相手が知らないことを教えていくこともできます。

 

そもそも会話が楽しくないとコミュニケーションも取れませんし、成長もしません、まずは気になった講師がいれば教材を使った授業、個人的な会話などを通して相手のことを知っていくやり方がいいかもしれません、実際僕はそうしてきました。

 

悩み④:フィリピン人の講師でも大丈夫なのか

「フィリピン講師は訛りがある」って思われがちですが、実は学校や仕事などではほとんど英語を使っているので、他の国の方と何も変わらないです。

 

ぶっちゃけアメリカ人の方が聞き取りづらいことが多かったように思います、声質もあるかもしれませんが、僕はそう感じた時がありました。

 

確かにフィリピンの母国語は英語ではないですが、そのことがあるおかげで、英語を学ぶ側の気持ちも理解してくれています。英語を伸ばす上での実体験や壁にぶち当たったことを生かしながら教えてくれます。

 

やたらネイティブスピーカーの講師にこだわる人がいますが、英語を学ぶ側にたったことがない人が学ぶ側の悩みや気持ちが理解できるとはなかなか思えません。100%ではないにしろあり得る話ではあります。

なので「英語を教える」ことに関してフィリピン講師は長けていると思いますね。

 

躓きながらも一歩ずつ進む気持ちが大事:頑張っている人の声あり

英語勉強を進めていくと必ず躓きます、それに壁にぶち当たります。それがいつ来るかわかりませんが、僕はまず始めることからが壁なのかと思います。

 

始める時点で「できるかできないか」を考えてしまう。

 

・全然話せない
・聞き取れない
・話せてる自分が想像できない

初めたとしても次の壁がすぐにやってきます、心が折れそうなくらいドンドンやってきます、ですがこれを乗り越えないと上達もしません。

 

僕自身独学で勉強してきたのですが、1人で勉強していると折れそうになることが度々あります、1人で深く悩み混んでしまうって感じですね。

 

ですが、そんな時はよくTwitterで頑張っている人のツイートを見てました。「同じく頑張ってる人いるんだー俺ももう少し頑張ってみよう」こんな感じで自分のモチベーションに繋がったことが何度もあります。

Twitterの向こうにいる同じ英語を勉強している人に助けられた感じです。

 

 

 

 

こういうツイートを見ると自分も頑張ろうって気持ちになりました。

 

まとめ:悩みを捨てて上達しよう

ということでまとめに入ります、今回は「オンライン英会話で初心者によくある悩みとその対策方法」についての話でした。

 

誰しも最初は不安ですし、悩みもあります。ですが悩んでいても始まりません。その悩んでいる時間を無駄にせず行動に移してみることが大事です。

 

とりあえずやってみる精神で僕は初めて見ましたし、全く後悔もしていません。あの時やっといて良かったと心から思えます。

 

日本人の1番の悩みは「ミスすることが恥ずかしい」だと思います、じゃその考え方を変えてみたらどうですかね。

 

ミスすることが恥ずかしい→ミスをした分だけ上達する

ぶっちゃけ英語学習はミスの連続から学んでいくようなものです、なのでミスなしでは英語の習得はできません。

 

ミスをすることは恥じることではないので、ミスすることを恐れずに積極的に英語に取り組んでいくことが上達への近道になります。

 

これは英語学習者に聞けばみんないうことだと思います。ほんとにそれくらいミスすることと向き合ってきてます。

 

いきなり変われとは言いませんが、少し勇気を出して自分の言いたいことを今の講師の方にぶつけてみてください、きっと伝わりますし、伝わったときの嬉しさを感じられます。そしてその積み重ねの上に想像した自分立ってます。

 

今回の記事を読んだらすぐに取り入れてみてください。

 

ということで、今日はここまでにしておきます、読んで頂きありがとうございました。

 

レベルに合わせたオンライン英会話を紹介

【無料】国内にいながら最速で英語を身につける【オンライン英会話】
どうもNaoです。 海外旅行や留学するのであれば、ある程度の会話力は欲しいところ。 そのためネットで「オ...
Study
スポンサーリンク
Nao with English
タイトルとURLをコピーしました