Friendsで学ぼう【シーズン1・エピソード4解説】①

シーズン1・エピソード4
スポンサーリンク

どうもNaoです。

 

いつもブログを読んで頂きありがとうございます。これからも少しずつ更新して皆さんの役に立てるように頑張っていきます、さて、今日からFriendsのシーズン1エピソード4の解説をしていきます。今回でも新しい単語がたくさん出てくると思うので1つ1つ自分のものにしていきましょう!

 

単語を効率よく覚えたい、記憶させたい人もいると思います、そんな方にはこちらの記事を読んでみてください、知っておくだけでも損はないでしょう。
>>参照:単語を覚えるのに役立つ3つのこと【書くことよりも断然早い】

 

【シーズン1・エピソード4解説】レイチェルの憂鬱 The one with George Stephanopoulos 解説①

Phoebe: Oh, that’s good. (あぁ、それ、いいわね。)

Monica: All right. Phoebe? (よーし。じゃあフィービーは?)

Phoebe: Okay, okay. If I were ①omnipotent for a day, I would want, um, world peace, no more ②hunger, good things for the ③rain forest. And bigger ④boobs. (オッケー、オッケー。もし私が一日だけ全能になれたとしたら、私はこれを望むわね、世界平和、飢えがなくなること、熱帯雨林のためになること。それから、もっと大きな胸。)

Ross: Well, see, you took mine. Chandler, what about you? (あぁ、ねぇ、フィービーは僕の願いを取っちゃったな(僕もそう言おうと思ってたんだけどな)。チャンドラー、君はどう?)

Chandler: Uh, if I were omnipotent for a day, I’d ⑤make myself omnipotent forever. (あぁ、もし一日だけ全能になれたとしたら、俺は自分を永遠に全能にするね。)

Rachel: See, there’s always one guy. “If I had a wish, I’d wish for three more wishes.” (ほら、いつもいるのよね、こういう男。”もし俺が願いを1つ持っているなら、俺はあと3つ、願いが増えるように願うわ。)

All: Hey Joey. Hi. Hey, buddy. (はい、ジョーイ。やあ。よお。)

Monica: Hey, Joey, what would you do if you were omnipotent? (ねぇ、ジョーイ、もしあなたが全能なら、あなたはどうする?)

Joey: Probably kill myself. (多分、自殺するね。)

Monica: Excuse me? (何ですって?)

Joey: Hey, if little Joey’s dead, then I got no reason to live. (ほら、もし、リトル・ジョーイが死んでいるのなら、俺には生きている意味がないから。)

Ross: Joey, uh… OMnipotent. (ジョーイ、あの… 全能だよ。)

Joey: You are? Ross, I’m sorry. (お前は不能なのか? 気の毒に。)


単語・フレーズ解説

omnipotent 「全知全能、全能の神」

hunger 「飢え、飢饉、空腹(感)」

rain forest 「熱帯雨林」

boobs 「乳房、おっぱい」

make myself omnipotent 「SVOC:OをCの状態にする=自分自身を全知全能の状態にする」

 

【シーズン1・エピソード4解説】レイチェルの憂鬱 The one with George Stephanopoulos 解説②

Monica: How does she do that? (どうしてそんなことができるの?)

Ross: I can not sleep in a public place. (僕は公共の場所では眠れないよ。)

Monica: Would you look at her? She’s so peaceful. (彼女を見てよ。すっごく穏やかだわ。)

Phoebe: Oh! What what what! …Hi. ( あぁ! 何何何? …はーい。)

Ross: It’s okay, y’know, you just ①nodded off again. (大丈夫だよ。ほら、君はちょっとまた居眠りしてただけだ。)

Monica: What’s going on with you? (一体どうしたの?)

Phoebe: I got no sleep last night. (昨日の晩は一睡もできなかったの。)

Ross: Why? (どうして?)

Phoebe: My grandmother has this new boyfriend, and they’re both kind of ②insecure in bed, so. And deaf. They’re ③constantly, like, having to ④reassure each other that they’re having a good time. You have no idea how loud they are. (私のおばあちゃんには新しい恋人がいるの。それで、二人ともベッドの中で不安みたいで。それにね、耳が遠いのよ。二人はしきりに、自分たちは今、いい時間を過ごしてるって、お互いを安心させなければいけないの。あなたたちにはわからないと思うわ、二人がどんなにうるさいか。)

Monica: Well, if you want, you can stay with Rachel and me tonight. (ねぇ、もし良かったら、今夜レイチェルと私のところに泊ってもいいわよ。)

Phoebe: Thanks. (ありがとう。)

Joey: …95, 96, 97. See, I told you. Less than a hundred steps from our place to here. (…95、96、97。ほら、言ったろ。俺たちの家からここまで100歩以下だって。)

Chandler: You got ⑤way too much free time, man. (お前、めっちゃ暇な時間が超あるんだな。)

Joey: Hey! Here’s the birthday boy. Ross, check it out. Hockey tickets. Rangers-Penguins tonight at the Garden and we’re taking you. (おう! ここに誕生日の子がいるぞ。ロス、見ろよ。ホッケーのチケットだ。今夜、ガーデンで、レンジャーズとペンギンズ。俺たちがお前を連れてってやるよ。)

Chandler: Happy birthday, pal! (誕生日おめでとう!)

Joey: We love you, man.(愛してるぜ。)

Ross: Ha, ha, ha. It’s funny. My birthday was seven months ago. (ははは。面白いね。僕の誕生日は7か月前だったよ。)

Joey: So? (それで?)

Ross: So, I’m guessing you had an extra ticket and couldn’t decide which one of you got to bring a date? Huh? (それで、僕が思うに、君らには余りのチケットがあって、二人のうちのどちらがデート相手を連れてくることになるかを決められなかったんだろ? な?)

Chandler: Well, aren’t we ⑥Mr. “The Glass is Half Empty.” (うーん、俺たちって悲観的じゃないよな?)

Ross: Oh, my God! Oh… Is today the 20th? October 20th? (あぁ、なんてこった! あぁ… 今日は20日? 10月20日?)

Monica: Oh, I was hoping you wouldn’t remember. (まぁ、ロスが思い出さないようにと願ってたのに。)

Ross: Ohhh. (あぁぁ。)

Joey: What’s wrong with the 20th? (20日がどうしたんだよ?)

Chandler: Eleven days before Halloween? All the good costumes are gone? (ハロウィーンの11日前? いい衣装が全部なくなっちゃった、って?)

Ross: Today’s the day Carol and I first… ⑦consummated… our ⑧physical relationship. Sex. You know what, I-I’d better pass on the game. I think I’m just gonna go home and think about my ex-wife and her lesbian lover. (今日は、キャロルと僕が初めて… 完了した日なんだ… 僕たちの身体的関係をね。セックスだよ。ほら、僕はその試合をパスした方がいいね。ただこれから家に帰って、自分の元妻と彼女のレズビアンの恋人のことを考えようと思うんだ。)

Joey: ⑨The hell with hockey! Let’s all do that! (ホッケーなんてどうでもいいや! みんなでそれをやろうよ!)

Chandler: Come on, Ross! You, me, Joey, ice! Guys night out! Come on, what do you say, big guy? Huh? Huh? Huh? (おい、ロス! お前、俺、ジョーイ、アイス! 男たちで夜の外出! なぁ、どう思う、ビッグガイ?  な? な? な?)

Ross: What are you doing? (何してんの?)

Chandler: I have no idea. (自分でもわかんない。)

Joey: Come on, Ross. (なぁ、ロス。)

Ross: All right, all right. Maybe ⑩it’ll take my mind off it. Do you promise to buy me a ⑪big foam finger? (わかった、わかった。多分、それで僕の気が晴れるだろうし。僕に大きなフォームフィンガーを買うって約束してくれる?)

Joey: You got it. (了解。)

Rachel: Look, look, look, look, look! My first paycheck! Look at the window! There’s my name! Hi, me! (見て見て見て見て見て! 私の初めてのお給料よ!この窓を見て! 私の名前があるわ! はーい、私!)

Phoebe: I remember the day I got my first paycheck. There was a ⑫cave-in in one of the ⑬mines, and eight people were killed. (私も初めてのお給料を貰った日のことを覚えてるわ。鉱山で落盤事故があって、8人の人が死んだのよ。)

Monica: Wow, you worked in a mine? (まぁ、フィービーは鉱山で働いてたの?)

Phoebe: No, I worked at a Dairy Queen. Why? (いいえ、デイリー・クイーンで働いてたけど。何で(そんなこと聞くの)?)

Rachel: God, isn’t this exciting? I earned this. I wiped tables for it. I steamed milk for it. And it was totally…not ⑭worth it. Who’s ⑮FICA? Why’s he getting all my money? I mean, what? Chandler, look at that. (あぁ、これってエキサイティングじゃない? 私はこれを稼いだのよ。そのためにテーブルを拭いた。そのためにミルクを温めた。そしてそれは本当に…それだけの価値がなかった。ファイカって誰? どうして彼は私のお金を全部持ってくの? だって、何? チャンドラー、それを見て。)

Chandler: Oh, this is not that bad. (あぁ、これってそんなに悪くないよ。)

Joey: Oh, you’re fine, yeah, for a first job. (あぁ、立派なもんだよ、そうさ、最初の仕事にしてはね。)

Ross: You can totally, totally live on this. (君はこれで十分に生活できるよ。)

Monica: Oh, yeah. Yeah. (えぇ、そう、そうよ。)

Ross: Hey, by the way, great service today. (ねぇ、ところでさ、今日はいいサービスだったね。)

All: Oh! Yeah! Terrific! Excellent!(あぁ! そうだね! すごいよ! 良かったよ!)

Guys: Hockey! Hockey! Hockey. (ホッケー! )

Leslie: Rachel? (レイチェル?)

Rachel: Oh, my God!(えぇ、本当に!)

Monica: I swear I’ve seen birds do this on Wild Kingdom. (私は誓うわ、野生の王国で、鳥たちがこんなことをするのを見たことある。)

Rachel: What are you guys doing here? (あなたたち、ここで何してるの?)

Kiki: Well, we were in the city shopping, and your mom said you work here, and it’s true! (えーっと、私たち、街でショッピングしてたの、そしたらあなたのママがあなたがここで働いてるって言ったのよ。そしてそれは本当なのね!)

Joanne: Look at you in the ⑯apron. You look like you’re in a play. (エプロンを着たあなたのその姿って。お芝居に出てるみたいに見えるわよ。)

Rachel: God, Look at you! You are so big! I can’t believe it! ( まぁ、あなたって! すっごく大きい! 信じられないわ!)

Leslie: I know. I know! I’m a ⑰duplex. (そうでしょ。そうでしょ! 私は二世帯住宅なの。)

Rachel: So what’s going on with you? (それであなたはどうなの?)

Joanne: Well, guess who my dad’s making partner in his firm?(そうねぇ、私のパパが自分の会社で誰を共同経営者にするつもりだと思う?)

Kiki: And while we’re on the subject of news…(そして、ニュースの話題をしているところで… )

Phoebe: Look, look! I have elbows!( 見て見て! 私にはひじがある!)


単語・フレーズ解説

nodded off 「(座った姿勢で眠くて)こっくりする、うとうとする、居眠りする」

insecure 「不安定な」

constantly 「いつも、常に」

reassure 「(人を)安心させる、(人に)自信を与える」

way too much 「〜しすぎる」「way too much expensive=高すぎる」

Mr. “The Glass is Half Empty.” 「あなたは悲観的だ」※your glass is half empty(full)=あなたは悲観的(ネガティブ)/楽観的(ポジティブ)だ。という表現もあります。

consummated 「consummate (~を)完結させる」

physical relationship 「physical 肉体の、身体の」「relationship 関係、付き合い」

The hell with 「どうでもいい、まっぴらだ、うんざりだ」

it’ll take my mind off it 「take one’s mind off (嫌なこと・心配事などを)忘れる、考えない」

big foam finger 海外では野球などの応援の時にも使われるもので、応援道具としてはポピュラーなもののようです。

cave-in 「(洞窟やトンネルの)崩落[陥没]」

mines 「鉱山」

worth it 「それだけの価値がある」

FICA 「FICA=federal(連邦政府) insurance(保険) contributions(貢献) act(行為)の略で社会保障制度のことをいいます、保険料が引かれたということです」

apron 「エプロン」発音 éiprən

duplex 「二世帯住宅」発音 dúːpleks

 

解説①でジョーイとロスの会話が噛み合ってなかったのはなぜか?

この時のロスとジョーイの会話なのですがロスが「omnipotent 全知全能な」ということに対し、ジョーイは「impotent (男性が勃起不全による)不能の」と聞き間違えての会話になっているのだと思います。

 

「omnipotent 発音 ɑmnípətənt 」「impotent 発音 ímpətənt」発音としては確かに似てるところはありますね。

 

Daily Queenとはアメリカのアイスクリームショップ

デイリークイーンは以前日本の仙台にあったのですが、今は撤退してしまったようです。丸く可愛いフォルムで人気があったようですが、甘すぎるという評価もあったようです。

 

今ではタイや韓国、カナダ、カンボジアと世界展開しており、地域によってメニューも違うようです、また日本でも復活してほしいですね。

 

今回はここまでにしておきます、スタートから凄く長くなってしましましたが、ここまで進めた方はお疲れまです、かなり疲れたと思うので、一度休憩を取ってから復習してみてください。

 

それでは次の記事でまたお会いしましょう!

タイトルとURLをコピーしました